仕事立てだけは自慢間の自慢!

丹念な性格なせいか、何事も件の始めはきっちりとした流れを立てないと気がすまないヒューマンだ。ただ、先が悪くて常にただちに流れ倒れの状態に嵌り、現に計画通りに覗くことがないのが大きな足元。流れ立てだけは誰にも張り合えるのだけれど。
カレッジ受験の状況など週の早期はすばらしい計画を立てて、週の後半は厭わしい流れ倒れで終わりというつまらない流れの繰り返しで通り過ぎるカレッジはないだろうという予測しつつ、しっかりその通りになることに自分のくらいさを痛感していた。
社会人になり、そういった因習をなぎ倒しなけければわたしはビジネスもろくに覚えられないし、出世など夢の幻想と願い、お先に流れ性には自信があるのだからその後をどうする、を人気に七転八倒を繰り返してきた。
結論として心持ちの不自由が要点という、計画したものの70比ができたなら上のマルと定説づけ、内容を感じ取るようになって心に難儀を加えず、少々の余裕をもって実践することができるようになった。
流れは内容の本家。これは思い切り要だことに変わりがない。さすがわたしのスグレモノ範囲であるのだ。エマーキット