ダンボール工作で息子のオモチャ機構

小児のオモチャは月齢が上がると遊ばなくなったりして色んな売り物を多々用意してあげたいけど、ささげるのもお金が要るので、うちではダンボールで工作したりします。要らなくなったら屑にポイできるし、仮に小児が壊しても復活が簡単で、手軽に扱えるのでオススメです。
今まで作ったのは、ダンボールハウス、キッチン、フライパンなどのキッチン器材、イス、ボールを上から落とすオモチャなど。小児(2年齢)のフロントで出し始めると小児も興味津々で、一緒になって作ろうといったしたり、作ってるカタチからレクリェーション出発たりと、大層マネジメントは弱々しいけど父兄が真剣に作業する君を挙げるのは良いことだろうと目の前でやる事とやる。
すこぶる出来上がりが上手でなくても、小児は楽しそうに遊ぶしダンボールだと原料が素朴なので、なんとも出し汁が出ていてそれも良し。落書きしてボディーしてもらったり、色彩ガムテープで玉石混淆にしたり、考え次第で遊ぶ以外にも一緒に定める強みを出来事させることもできます。
最近はネットで色んな作品も思えるので英知をもらったり、次回の工作は何を作ろうか小児と一気に策するのもまた楽しみになっています。ミュゼ