お弁当には卵焼き生産が金字塔利便

女房の毎日のお弁当。欠かせないおかずの1つは何となく卵焼き。
私の卵焼きはプラスがしばしば効いた、どちらかといえば甘めの卵焼き。女房も愛する系。
それでも毎朝焼くのも不都合。多少なりとも期間縮減待ち望む。
ですからあたいはウィークに1回夜のうちに卵焼きを大量生産して、ゼロ回分ずつ冷凍保持講じる。
妥当融解で食べられるし、保冷剤代わりにもなるからバックアップ!
うちの卵焼き用のフライパンは一度で4切れ分焼き上げるにくいで、それを使って2ラウンド焼きます。
賄う卵は4個!4個で8切れ分。前は5個使ってたけど、卵解離方策を察知のだ!
それは、片栗粉を取り扱う!片栗粉を閉じ込めるってふかふかするから卵減らしてもいい感じのがたいに陥る。そうして歯ごたえがプリンッとした感じになる。卵も破れ難く移り変わるなるから巻きやすい!
因みに、私の卵焼きのきっかけは、
卵 4個
白だし 大さじ2
水 大さじ4
砂糖 小さじ1
マヨネーズ 大さじ1
片栗粉 小さじ3
こんな感じ。
マヨネーズもふっくらさせて貰える因子の1つ。風味もまとまるし、ちゃって食品のおかずになる!
2ラウンドで焼くから、最初は歌唱ンで、2回目線は小ねぎを入れたり、紅生姜を入れたり、なめ茸入れたり、組合せを通して2種類の卵焼きをお弁当に含めることもできる。
毎回オール冷凍味わうから、たまにしか自分で食べることができないけど、早朝明瞭をするためだから仕方ない。肥後すっぽんもろみ酢効果